HOME自転車条例中学・高校生のみなさんへ

中学・高校生の皆さんへ
自転車トラブルの予防・解決ガイド

トラブル解決その1
事故にあったときはどうしたらいい?

1

乗るのをすぐにやめて、近くのお店の人など大人に助けを求めよう。

1

けが人がいるときは、急いで救急車(119番)を呼んで、手当しよう。

1

歩道などの安全な場所に、自転車を邪魔にならないよう移動させよう。

1

現場をよく確認し、けが人の数やけがの程度などを警察(110番)へ連絡しよう。

1

事故の相手の名前、住所、連絡先などを確認しよう。

  • 交通事故を起こした場合、その当事者は警察へ報告(110番通報)することが法律(道路交通法)で決まっています。
  • そのときにはけががなくて大丈夫だと思っても、後から体に不調が現れる場合もあるんだ。保険の支払を求める場合、警察に事故を届けていなければ必要な書類がもらえません。事故のときは必ず警察へ連絡しよう。
  • 保護者の連絡先を言えるようにしておこう。
  • 自転車を買うときに行う防犯登録は、自転車の盗難に備えるだけでなく、事故の場合などに自転車の所有者を特定するためにも大切です。持ち主や住所が変わった場合は自転車店で変更ができるので、忘れずに手続きしよう。

事故のトラブル予防のために

ルールを守って、マナーよく走れば、事故の多くは防ぐことができるよ。また、たとえばスピードを出して歩道を走ったり、ケータイやスマホを見ながら運転したりするなど、交通ルールを破って事故にあった場合、保険金も出なくなるかもしれません。この機会に正しい自転車の交通ルールを確認しておこう。

トラブル解決その2
自転車がおかしくなったときは、どうしたらいい?

まずは保護者に相談しよう

簡単な不具合なら、身近な大人が直してくれるかも。
難しい場合は、自転車店に修理をお願いしよう。
普段から自転車のことを相談したり、修理の際に対応してもらったりしている顔見知りの自転車店があるといいね。
お店によっては、壊れて使えなくなった自転車の引き取りサービスをしているところもあるよ。

パンクかな?

通学用自転車や一般的なシティサイクルのタイヤは、「英式(イギリス式)バルブ」を使用しているんだ。

英式バルブ

タイヤの空気が抜けてきたら、まずは英式バルブの金属ねじを外し、中の虫ゴムがだめになっていないか確認しよう。

上.ダメになったもの
下.新品

バルブの芯の金属のふくらんだ部分まで、丈夫なゴムがしっかりかぶさっているなら問題なし。ふちがぼろぼろになっていたり、穴が空いていたり、ちぎれていたりするようなら、虫ゴムを交換しよう。虫ゴムはきれいなのに、一晩で空気が抜けるようなら、パンクを疑ってみよう。
英式バルブのタイヤの空気の入れ具合(空気圧)は、縦方向に親指でタイヤを押して、かすかにへこむかどうかくらいの固さに調整するといいよ。

タイヤを押す

故障のトラブル予防のために

パンクの防止には、ちょうどいい空気圧にたもつことと、空気が減った状態でがたがた道や段差のあるところを走らないことが大切。また、自転車は乗りっぱなしで放っておいてはいたんでしまうから、ときどき点検して整備してあげよう。
簡単な点検・整備は自分でもできるよ。

年1回、専門家による点検を受けよう

「自転車安全整備士」が点検整備した自転車は、「TSマーク」を貼付することができ、きちんとした性能があることが保証されるんだ。TSマークには自転車保険(対人賠償責任保険、傷害保険)がついているよ。保険の有効期限は1年間だから、毎年決まった時期に自転車屋さんで点検を受けてTSマークをつけてもらうといいね。

「TSマーク」について、詳しくは「事業での自転車保険」のページ中ほどを見てね。

自転車は、いい運動になって、自分の力だけで遠くまで出かけることができる、すてきな乗り物。
お気に入りの自転車に、正しく、大事に乗って、自転車ライフを楽しもう!

自転車条例
ページ先頭へ