HOME自転車交通ルール自転車安全利用五則

自転車安全利用五則

自転車を利用する上での基本となるマナーやルール、道路交通法などをご紹介します。

  • 自転車事故の多くは「赤信号無視」や「一時不停止」といった、自転車の重大なルール違反が原因となっています。
  • 自転車はルール上「車両」で、自動車と同じように扱われ、違反すると処罰の対象となります。
  • 交通ルールを正しく守って、自転車を「安全・快適・便利」に利用しましょう。

1. 自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は、車道が原則、歩道は例外

自転車は車道を通行するのが原則ですが、左の標識がある歩道は自転車も通ることができます。

自転車(じてんしゃ)および歩行者専用(ほこうしゃせんよう)の標識

自転車と、歩行者専用の道路です。
また、歩道にこの標識があるときには自転車も歩道を通ることができます。

違反した場合は3月以下の懲役又は5万円以下の罰金が課せられます。

2. 車道は左側を通行

車道は左側を通行

自転車は車道の左端に寄って通行しましょう。

違反した場合は3月以下の懲役又は5万円以下の罰金/2万円以下の罰金又は科料が課せられます。

3. 歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行
歩道は歩行者優先で、車道寄りを徐行

歩道を通行する場合は、直ちに止まれる速度で、歩道の中央から車道寄りを通りましょう。

違反した場合は2万円以下の罰金又は科料が課せられます。

4. 安全ルールを守る

交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

交差点での信号遵守と一時停止・安全確認

違反した場合は3月以下の懲役または5万円以下の罰金が課せられます。

夜間はライトを点灯

夜間はライトを点灯 自転車の側面にも反射材を付けましょう

違反した場合は5万円以下の罰金が課せられます。

飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

飲酒運転・二人乗り・並進の禁止

違反した場合は5年以下の懲役又は100万円以下の罰金
/2万円以下の罰金又は科料が課せられます。

5. 子どもはヘルメットを着用

子どもは ヘルメットを着用

運転させるときも、補助いす等にも乗せるときも、ヘルメットを着用させましょう。
学生も通学時はヘルメットをかぶるようにしましょう。

ページ先頭へ