イベント情報

県内で開催される自転車イベントをご案内します。

2016年3月18日

奥琵琶湖パークウェイ、旧賤ヶ岳トンネルの冬期通行止が終了します

びわ湖一周サイクリングのルートでもある、
奥琵琶湖パークウェイ(葛籠尾崎大浦線)と旧賤ヶ岳トンネル(飯浦大音線)の
冬期通行止は下記の日付までが予定されています。

◎奥琵琶湖パークウェイ
※開通後も20時~翌8時の夜間通行止め、展望台→月出ゲートの一方通行規制(自転車を含む)は残ります
管浦ゲート(永原駅側)~展望台:12月7日(午後8時)~翌年3月25日
展望台~月出ゲート(近江塩津駅側):11月30日(午後5時)~翌年3月25日

◎旧賤ヶ岳トンネル(飯浦大音線) ※国道8号賤ヶ岳トンネルの迂回路です
11月30日(午後5時)~翌年3月18日

http://www.pref.shiga.lg.jp/h/ki-doboku/kisei.html

2015年10月27日

「安心・快適ビワイチサポートプロジェクト」としてサイクルサポートステーションの試行等行います

10月31日より「安心・快適ビワイチサポートプロジェクト」として、びわ湖周辺の道の駅さんやコンビニさん等にご協力いただき、47ヵ所のサイクルサポートステーションの試行、ヤマト運輸さんによる宿泊施設等への手荷物の当日配送を行います。

また、守山市さんによる漁船を使った湖上タクシーへの自転車搭載、米原市さんによる米原駅前でのスポーツ自転車のレンタサイクルも実施されます。

詳しくはこちらをご覧ください。

【安心・快適ビワイチサポートプロジェクト】

2015年3月7日

びわ湖サイクルフェスタ2015

びわ湖一周ロングライドの前日3/14(土)に自転車イベントを開催します!

日時:3月14日(土)13時〜17時
会場:長浜豊公園、長浜文化芸術会館(悪天時)
参加費:無料

試乗会や自転車グッズ・グルメ販売の他、ライブや自転車シミュレーター体験などなど盛りだくさんの内容でみなさまをお待ちしております。
びわ湖一周ロングライドにご参加される方はもちろん、参加されない方もお楽しみいただけますので是非お越しください!

http://jtbsports.jp/contents/biwaichiride/


festa2015_ページ_1festa2015_ページ_2

2015年2月20日

第9回ワールドサイクル&ベックオンカップ2015

親子の絆を確かめあう「親子タイムトライアル」をはじめ、「個人タイムトライアル」「トロッフェバラッキ」「クリテリウム」「キッズレース」と実力に合わせた種目が盛りだくさん。
今年新たに、「ワンコイン個人ロード・タイム・トライアル」を初開催。ロードバイクでタイムトライアルをお試しいただけます。
毎年びっくりされる入賞賞品は更に豪華にパワーアップ。ゼッケン番号での大抽選会も2回開催しますので、最後までいると良い事あるかも。
メーカーブースをはじめ、おいしい屋台や地元東近江市の名産品まで、まるでプチサイクルモードのような雰囲気。初夏の1日を自転車にどっぷりと浸かって、一緒に楽しみましょう!

日時:2015年4月26日(日)8:00~ 雨天決行
主催:滋賀県自転車競技連盟・京都府自転車競技連盟・日本学生自転車競技連盟
協力:FUKADAまじりんぐ、カウボーイ
特別協賛:ワールドサイクル スポーツサイクルショップベックオン
開催会場:滋賀県東近江市栗見新田町(くりみしんでんちょう)1224 東近江市ふれあい運動公園内特設周回コース

http://www.eonet.ne.jp/~shiga-cf/WCC2015.pdf

2015年2月20日

草津市 自転車の安全安心利用教室を開催

草津市では、自転車条例の施行に伴い、実感型の自転車安全安心利用教室を開催します。
スタントマンによる交通事故再現(スケアードストレート)を通じて、自転車利用上の危険を感じていただくことで、自転車の事故防止と安全利用に役立てて頂く事を目的としています。観覧無料ですので、ぜひご参加下さい。

平成27年2月26日(木)午後2時~3時(雨天中止)
草津市立志津運動公園

平成27年3月10日(火)午後 3時30分 ~4時30分 (雨天中止)
草津市立野村運動公園

主催:草津市交通政策課
協力:草津警察署交通課 滋賀プラス・サイクル推進協議会

詳しくは以下のチラシをご覧ください。
スケアードちらし0226スケアードちらし(0310)

2015年2月20日

第3回 守山 野洲川 クリテリウム

エールコーポレーションカップ第3回守山野洲川クリテリウム

2015年3月22日(日)8:40~16:30(雨天決行)

主催:滋賀県自転車競技連盟
主管:守山野洲川クリテリウム実行委員会、守山市自転車競技連盟
後援:守山市、守山市教育委員会、公益財団法人守山市文化体育振興事業団、中洲学区自治会長会、服部自治会、守山市体育協会、野洲市体育協会、滋賀県自転車軽自動車商業協同組合守山野洲支部
特別協賛:エールコーポレーション株式会社5.協賛大五産業株式会社、守山市観光物産協会
助成:レイクス・スポーツファンド

http://www.eonet.ne.jp/~shiga-cf/3rd_moriyama.pdf

2015年2月19日

五個荘とっておきサイクリング 「トキカケ!~謎を解きながら自転車で駆けぬけろ!~」

スマートフォンを使って謎を解きながら、お宝を探しに自転車でさぁ出発!
能登川駅から五個荘金堂町を駆け抜ける、新感覚のサイクリングイベント!
五個荘のキャラクター「てんびん坊や」も登場!!リアルタイムで変化する状況にチームで協力して、豪華景品を狙おう!
あなたがこれまで知らなかった五個荘の見所、古き良き近江商人の歴史を発見できるかも!

○日時、場所、参加費
2015年3月7日(土)10:00-15:30 ※雨天延期[予備日:3月14日(土)]
集合場所:能登川コミュニティセンター10:00(JR能登川駅より徒歩3分)

参加費用:お一人1400円:昼食代、近江商人屋敷入館料込(外村繁邸、外村宇兵衛邸、中江準五郎邸、藤井彦四郎邸)、保険料
※レンタサイクルご利用の場合は別途500円必要です。

○限定4チームを募集!>参加申し込み★2月23日(月)〆切
下記までメールにてお申し込みください。折り返し確認メールをさせていただきます。
・チーム代表者氏名、参加人数(1チーム2名以上4名以下)、レンタサイクル有無、連絡先電話番号
email: ot12yishimori@ec.usp.ac.jp

○条件、持ち物
中学生以上(小学生以下は保護者同伴)
スマホまたは携帯、タブレットを持っていて、Facebookに登録していること。
持ち物:飲み物、スマホ(フル充電)、防寒着

主催:滋賀県立大学近藤研究室
協力:東近江市、東近江市観光協会

10959766_599862523483380_2175986987062923655_n

2015年2月19日

草津市自転車盗多発場所ワーストランキング

草津市内の犯罪認知件数で3割以上を占める自転車盗対策の一環として、盗難発生件数を施設ごとに取りまとめた「平成26年草津市自転車盗多発場所ワーストランキング」が公表されました。

平成26年ワーストランク (最終)

ワーストランキングの公表と併せて、各事業者でも取り組みが行われています。

●イオンモール草津
 平成25年11月より、市の補助制度を活用して駐輪場に防犯カメラと大型の啓発看板を設置したり、警備員の巡回を強化したことで、平成26年の盗難件数は対前年比で-31件(-44%)と、大きな削減につながりました。

●立命館大学びわこ・くさつキャンパス
 市補助制度による防犯カメラ等の設置のほか、独自の取り組みとして、無施錠の自転車に強制的に施錠する取り組みや、人に感知して注意を促す人感スピーカーの設置などが功を奏し、平成24年の54件から平成26年は13件と76%もの削減につながりました。


○平成25年以降、自転車盗認知件数、総犯罪認知件数共に着実に減少しています。
スクリーンショット 2015-02-19 18.37.13

2015年1月26日

講演「筑波山麓でのサイクルピットの運営と “いばらき自転車サポートステーション”の整備」

滋賀プラス・サイクル推進協議会 自転車ツーリズムワーキングでは、
2月16日にPit Stopつくば北条・代表の有野真由美さんにお越しいただき、
「筑波山麓でのサイクルピットの運営といばらき自転車サポートステーションの運営」
と題して講演をいただきます。


1 日 時  平成27年2月16日(月)13:00~

2 場 所  大学サテライト・プラザ彦根 B・C会議室
(彦根市大東町1−7 アル・プラザ彦根6階)

3 内 容
事例紹介(講演)
「筑波山麓でのサイクルピットの運営と
“いばらき自転車サポートステーション”の整備」
  講師:Pit Stopつくば北条・代表 有野真由美様

※講演の傍聴を希望される方は下記申込先までお申し込み下さい。
※講演後のワーキングについては非公開となります。

4 主催
滋賀プラス・サイクル推進協議会

5 その他
○公共交通機関をご利用くださいますようお願いします。

6 講演参加申込先
滋賀県交通政策課
交通プロジェクト担当 小嶋
TEL 077-528-3684
 

2015年1月10日

サイクルツーリズムによる地域活性化をめざして

サイクルツーリズムによる地域活性化をめざして
地域の魅力発信 ~ サイクルツーリズムにおけるガイドの役割

今、地域おこしのツールとして自転車が注目されています。
自転車での観光は、地域の名所だけでなく、その間の景色を楽しみ、途中におもしろい場所やお店等があれば気軽に停まって立ち寄ることができます。
徒歩よりも広い範囲を気軽に移動でき、観光される方それぞれがお気に入りの場所を発見し、地域をより深く知ることができ、地域のファンを増やすことができます。
また、地域を知る人がガイドをすることで、より深く地域の魅力を感じることができます。

そこで、サイクルツーリズムをより振興していくため、「ガイドの役割」にスポットをあて、飛騨里山サイクリングにおける事例を伺うとともに、各地でサイクルツーリズムに取り組んでおられる方々にお集まりいただき、情報交換と交流の場を設けます。
是非、ご参加ください。

と き:2015年1月31日(土)
    午後2:00~(開場1:30)午後5:00終了予定

ところ:セミナー&カルチャーセンター「臨湖」多目的ホール
    (JR長浜駅西口より徒歩約10分)

内 容:
 【講演】「飛騨里山サイクリング」におけるサイクルツーリズム
     演者:山田 拓 氏

 【話題提供】 ~6名(~30分)
     ※参加者を募集いたします。詳しくは「申込み」の欄をご覧ください。

 【パネルトーク】 
     山田 拓 氏
     藤本 芳一(輪の国びわ湖推進協議会副会長)
     進行:近藤 隆二郎(輪の国びわ湖推進協議会会長)

 ※シンポジウム終了後、午後5:30より会場近くのイタリアン レストラン マンマにて懇親会
  (参加費3500円)を行います。

参加費:無料

主 催:輪の国びわ湖推進協議会
    NPO法人五環生活、滋賀県立大学、歴史街道推進協議会

tourguide2

http://www.biwako1.jp/modules/news/index.php?page=article&storyid=121


ページ先頭へ